ぼったくりタクシー

友達には「東南アジア(一部の国をのぞく)に旅行するなら、Grab入れるべし!」ってくらいお薦めしてるアプリを紹介したいと思います。わたしが今いるカンボジアでは、ほぼ毎日利用しています。今日はこのアプリの使うメリットやデメリット、そして最近、旅行中に普通のタクシーに乗ったら、ぼったくられて悔しい思いをした話をしたいと思います。

配車アプリGrab(グラブ)

Uberは日本でもお馴染みだと思うのですが、東南アジアからは撤退してしまい、代わって現在急速にサービスを拡大・成長してシェア数を伸ばしているのが、Grabです。どこの国にいても使い方は共通で、専用アプリをダウンロードして、自分が乗りたい場所と行き先をセットすると、近くにいるドライバーが迎えにきてくれるというもの。基本的にはUberと同じで一般の人(個人)が空いた時間にドライバーしてくれるサービスです。なので安いし、プロモーション中なので時々タダみたいな金額になってしまうこともあります。カンボジアの場合は、車以外にもバイクやトゥクトゥクのGrabがあるので、そちらはさらに安いです。

改造メーターのタクシーが巧妙すぎた話

実は先日、ベトナムでのこと。生まれてはじめてぼったくりタクシーというものに、捕まってしまいました。バスでホーチミンに到着してすぐに空港に向かうベトナムで一番最初の移動。まだSIMの設定はしていなくて、wifiの環境にもなかったのと、最悪なことにスコールが降ってきてしまい早く着きたい!という気持ちの焦り。ベトナムでもGrabのサービスはあるのは知っていたのですが、とりあえずベトナムの中でも大手で有名な、友人がよく利用しているビナサンタクシーを捕まえて乗ることにしました。

そう、乗ってみたら・・・ビナサンタクシー(風)だったんです。「あれ?ちょっと変?」って思ったものの、メーターの横に小さくビナサンタクシーのロゴの入ったシールが貼ってあって(ほんと小さくね)、たぶんわたしの脳内でも騙されたと思いたくないし、ここで降りても・・・と思って、結局空港まで乗ってしまいました。

メーターが改造されていて、やたら進むの早かった。やっぱり気のせいじゃかったのは、空港内に常設されているタクシーカウンターのお姉さんに、乗車した位置まで空港からいくらか聞いてみたら10ドルくらいでした。わたしは30ドルくらい払ってしまった!!(怒)

タクシーの運転手は妙に親切で、ニコニコしてて悪い人に見えませんでした。そりゃそうだよね。カモだもん。帰国後に友人数人と集まった時に話したら、数年住んでいたという友人もやっぱり雨の日にひっかかってしまったり、他の人でも被害があったみたい。本当に巧妙。だって乗ってみないとわかんないから。逆に交渉して乗るタクシーの方がまだ安心な気がしてしまいます。

その後の滞在では、ちゃんと正規のビナサンタクシーを見分けられるようになりましたが、旅行者が数日滞在するのに、いちいちこんな気苦労したり、ひっかかって嫌な思いしたりするくらいなら、旅行者は特にGrabを使ったほうがいい気がします。

わたしが他の配車アプリよりもGrabを利用している理由

メリット1。固定料金が事前にわかる

目的地を設定すると、事前に確定した金額が表示されるのでボラれる心配がないのがいい。他にも配車アプリを利用していますが、固定料金のものじゃないやつに乗って、ドライバーが道を知らずにさらに地図が読めないとか、勝手に渋滞を回避しようとそれが裏目に出てしまうこととか、最悪なパターンとして、わざと無視して遠回りしたり、、、とかもないわけではないので、自分が道を知らない場所ではGrabを優先して使っています。道を知っている近場の場所などは違うアプリを使うこともあります。

メリット2。プロモーションが多い!ポイントが貯まる

まだサービス展開したのが割と最近なので、プロモーションが多いのがうれしい。プロモーションはアプリを立ち上げた時に表示されますが、逃しても、左上のメニューから確認できます。そして、最近知ったのですが、乗車する度にポイントが溜まっていて、映画チケットやカフェのディスカウントなど好きなものに引き換えられます。

メリット3。過去の履歴がわかる

おおよそどのアプリを使ってもある機能ではありますが、過去の履歴や金額が見るのはいいですね。履歴はGrabのアプリ内のHistoryから確認できます。行った場所や金額が表示されます。

Grabの使い方

インストール

インストールは簡単なので割愛します。注意点としては電話番号でSMSが送られてくるので登録に電話番号が必要です。使用時はwifi環境だけでも使えています。

起動〜配車

インストールは簡単なので割愛します。注意点としては電話番号でSMSが送られてくるので登録に電話番号が必要です。使用時はwifi環境だけでも使えています。

目的地をセットすると、こんな感じで、自分をピックアップしてくれるまでの時間と、料金が表示されます。
カンボジアの場合、車、トゥクトゥク、バイクが選べます。

Grabでのトラブル

実は配車して待っていたら、少し手前で知らない人が乗ってしまったことがあります。アプリから電話することができるので、ドライバーに連絡してすぐに戻ってきてもらいました。固定料金なので、間違いで乗せてしまうと、客かドライバーが損をすることになるし、評価につながるので、トラブルがあった時は連絡すれば解決しやすいと思います。

Grabのデメリット

需要の高い雨の日は高くなる傾向があります。