タイ水かけ祭りソンクラーン

タイの有名な祭り、ソンクラーンに参加しよう!タイ全土で老若男女、観光客もみーんなで水を掛け合ったり踊ったり。。。ハッピーで健全で盛り上がれる、たぶん世界で一番楽しいお祭りじゃないかなって思っています。

実際に行ってみたのでレポート。初めて参加される方におすすめの、盛り上がる場所やお祭り期間の必須のアイテムを紹介。そして知っていないと後悔しちゃうポイントも紹介します。

ソンクラーンはどんなお祭り?

タイの旧正月、タイの旧暦の新年を祝う伝統のお祭りです。毎年暦によって日付は変わりますが3日間行われます。2019年は4月13日〜15日 !

地方やお寺などでは、昔からの伝統で仏像や象に水を掛けてお清めをしたりしますが、街ではこの日ばかりや無礼講で、観光客にも水鉄砲や大胆にバケツいっぱいの水をかけてお清め、新年を祝います。

ソンクラーンの楽しみ方

水をかけられても男性は「サワディークラッ(プ)」女性は「サワディーカー」(日本語でありがとうの意味)と言って楽しみましょう。そしてもちろん、この日は水鉄砲を買って、一緒に遊んで新年を一緒に楽しくお祝い。

水鉄砲や水は町中のいたるところで販売しています。ストリートに屋台がでたり、前日まで洋服屋さんだったお店なんかも、この水祭りの3日間だけはお店をしめて、店の前で水鉄砲や水を売っていたりします。

どこにいけばいい?

せっかくなので一番もりあがる場所をチェックしてもらいたい。昼から夜中まで人・人・人で賑わっています。バンコクではシーロム通りやカオサン通り。他にもチェンマイ、パタヤ、プーケットなど、観光としても人気の場所は盛り上がります。タイ人だけでなく、ストリートでは世界中の人がみんなでお祭り騒ぎ!

水鉄砲で遊びながらクラブ遊びは楽しいよ!

夜は野外フェスへ!ロイヤルシティーアベニュー(RCA)というクラブが密集するエリアで、毎年ソンクラーン期間中3日間行われる、「S2O Music Festival」。東京のお台場でもこのフェスは行われましたが、やっぱり本場の盛り上がりを体験してほしいです。世界の有名 DJがプレイ!

2019年のS2Oの情報はこちら> 開催:2019年は4月13日〜15日

知らないと危険。ソンクラーンの注意事項!

ソンクラーン期間中にカフェで休んでいたら、たぶんソンクラーンだということを知らずに来てしまったバックパッカーが、背中に背負っていたバックパックまで水攻撃されてしまっていて、とてもかわいそうな感じになっていました。なので、ソンクラーンの注意もピックアップするので参考にしてください。

チェックイン、チェックアウトの時間に注意

先ほどの例じゃないけれど、チェックインやチェックアウトの日にちや時間を気をつけないと水攻撃にあってしまいます。

濡れてもいい格好で!

わたしは水着で参戦。とにかく全身ずぶ濡れになるので、女子はウォータープルーフのメイクで!

防水対策、スリ防止対策

お祭り期間中は知らない人にもガンガン水をかけるし、歩いていれば通行人に顔に溶かした小麦粉のようなものを塗られたりするので、外出時は必要最低限の荷物と、防水対策をしましょう。スリも多いので注意!

防寒対策。タオルと上着は必携!

店の中に入ったり、電車などにのったりするとクーラーはガンガン効いていて寒いので防寒対策にタオルと上着(濡れないように!)も必携。日中はまだよいのですが、夜に水をかけられたり、日中に常温以外に氷水もかけられるのも普通なのでまじで寒くなります。

トゥクトゥクに乗ったら総攻撃にあう

わたしはクラブに行く時にトゥクトゥクに乗ったのですが、信号待ちを待って通行人の総攻撃にあいます。笑細い路地裏でも待ち受けている住人もいるので、移動中に水をかけられたくない人はタクシーかバスに乗るといいと思います。
(タクシードライバーは信号待ちの時にちょっと窓をあけて通行人に水鉄砲してました。笑)

ソンクラーン期間中が一番交通事故が多い

タイではソンクラーン期間中が一番交通事故が多いので事故に注意。トラックの上から水をかけたり、道路上もかなりカオスです。事故注意!

その他にも。

  • 夜は静かに寝たい人は、大通りを避けて静かそうな場所に泊まらないと夜中もパーティーしていたりします。
  • 水をかけられたり、顔に溶かした粉を塗られたりしても怒らない
  • 僧侶に水をかけない
  • バスや店の中で水をかけない(例外として、オープンエアのカフェやバーでは道に向けて水鉄砲するのはOK。)