服の断捨離

コスメの断捨離につづいて、洋服の断捨離をしました。断捨離をしたら服が足りないことに気づく・・・。

こんな風に好きなモノに囲まれたい!

大好きなアイテムに囲まれて暮らせたら、自分もモノもHappyなんだなって思わずにいられない動画をひとつ。森 星ちゃんが、昔から少しずつコレクションして大事にしているモノたちは、動画見ているだけで気分があがります☆お洒落すぎてやばいです!

モノ持ちがいいにも程がある、私の独身時代

私にとって、洋服の断捨離が一番むずかしい。以前一人暮らしの時には服がクローゼットに入りきらずに、夏と冬の衣替えで実家のクローゼットの洋服と入れ替えたりしていました。

独身時代は「着まわし」という概念がなくて、「かわいいから買っちゃう!」みたいな感じで服は増える一方でした。捨てるということもほとんどしなかったので、物持ちがいいといえば聞こえがいいけれど、結局は袖も通さずにそのままのものも結構ありました。

私は、お部屋に生活感のある感じが苦手なので、以前から収納や片付けは好きだったのですが、いくつか断捨離の本を読んで目からウロコが。自分が片付けだと思っていたものは整頓しただけであって、片付けではありませんでした。『片付け』=『カタをつける』という意味で、全くできていませんでした。

当時はずっと仕事が忙しくて、家ではほとんど料理をせず、冷蔵庫の中でさえも入っているものは化粧水やビールくらい。なのでもちろん食器類などは少なかったのですが、服に関しては、遊びに行くための服、パーティーの服、夜遊び用の服、ダンスの練習用の服、会社の服・・・など、自分にとって必要だと思っていた服がいっぱいあって、さらに服のテイストもアジアンチックなもの、キレイ目なもの、HipHopテイストなものなど、好きな感じがいろいろあって、今考えれば自分の方向性も全然なかったですよね。それがすべて悪いわけではないと思うんですが、その当時の私は、その憧れだけで『買ってそれになれたような気がして満足していた』というのが今になってわかります。

『人から見たらモノはただのモノ。それを生かすのが自分に大切なこと』なんですよね。だからその服をただクローゼットに持っているだけでは、お洒落にも憧れの感じにもなれないし、気持ちをハッピーにはしてくれない。

YouTubeに学ぶ、断捨離事情

YouTubeで、誰かがやっている洋服の断捨離動画なんかを見ていると、「え?それ残すの?」みたいなのがあったり、「ほとんど断捨離できてないじゃん!」ってツッコミしたくなるやつも結構あります。(苦笑)

私が大好きな、とても洋服が大好きでお洒落なYouTuberさんがいるのですが、ある動画の中で、引越しする時に服を段ボールに詰めがなら、「これは持っていく、これは捨てる(or譲る)・・・」みたいな感じで断捨離していました。

その時、ひとつひとつの洋服に対して「これはどこのブランドで、ここがかわいくて〜こんなアイテムと合わせると・・・」という解説をしていたんですが、本当に洋服を大切にしているのが伝わりました。好みだけじゃなくて、今の自分の体型や年齢、今必要かも判断の基準にしていました。

そのYouTuberさんは、『洋服と今の自分』でちゃんと向き合っていて、必要なもの、気分のアガるものをわかっているから、見ていて毎日気持ちがよさそうだな、って思います。逆にその方のYotube動画では「え?それかわいいのに残さないの〜?!」って思っちゃうほど。

どんなにかわいい服でも、着こなせていない(今の自分に似合っていない)ものをたくさん持っているよりも、今の自分をHappyにする服を着ていたいと思うようになりました。今、突然死んでも、服で後悔したくない(笑)楽だから着る格好も適当なんじゃなくて、着たいものを着たいな。

『断捨離本+YouTubeから学んだ断捨離』してみた

結婚後にすでに何度か断捨離したり、海外赴任のたびにスーツケースに収まるだけであとは現地調達、というスタイルにしていたのでかなり減らしてはいたのですが、やっぱり気づくと増えています。衝動買いもまだまだ治りません。

必要なモノを詰めたら、ふたりで最初このくらいでした。今は・・・

いろいろと断捨離の本を読みましたが、私が一番すっきりした考え方だったのが『トヨタの片付け』という本と、『ぼくたちにもうものは必要ない』です。今回は洋服の断捨離ですが、すべての持ち物を把握するということに共感、買いすぎて無駄にならないストックの方法などとても勉強になります。

トヨタの片付け』をAmazonでチェック>(Kindle版もあります)
ぼくたちにもうものは必要ない』をAmazonでチェック(Kindle版もあります)

洋服に関しての断捨離や、断捨離自体の順番は、もう世界中のたくさんの人のバイブルになっているであろう、こんまりさんの『人生がときめく片付けの魔法』が参考になります。見ただけで判断しないで、ひとつひとつ手にとって着てみるのって大切ですね。

残したもので着まわし可能か?

YouTuberさんが、購入するときに3着以上の着まわしが想像できるか?を基準に服を購入している、と話していたのですが、自分の洋服をあらためて見てみると、ワンピースが多いこともあるけれど、着まわしってほとんどできてないなと改めて反省。結局楽な服ばかりを選んでいるような着がします。

断捨離を終えたところで、私もコーデを組んでみました。ひとつひとつのアイテムはかわいくてもコーディネイトを考えて服を購入していなかったので、それが買ったばかりでも着ない要因になっていることがわかりました。偏りや足りないアイテムが見えるので、断捨離後にコーデを組んでみるのおすすめですよ。