インド人女性の髪が艶やかで、太く強い理由

インドの紫外線は日本の1.5倍あると言われています。なのになぜ黒くてふさふさして美しい髪をキープできているのか不思議ではありませんか?

「アーユルヴェーダ」って一度は聞いたことがあると思いますが、インドの伝統的医学であり、自然のものをつかって体をケアしたり病気を治癒したりする方法なのですが、ヘアに良いとされるものがあって今でも継承されています。

簡単に取り入れられるのがココナツオイルヘナ。今回はヘナを紹介したいと思います。

どちらも自然の成分でトリートメント効果が高いので、使えば使うほど髪にツヤがでてきます。実は化学薬品のヘアカラーは膀胱ガンになる危険性があるらしいので、 

一石二鳥?(トリートメント、白髪染め)実は簡単!ヘナ染めに挑戦

海外で自分好みのヘアサロンが見つからないなら、いっそ自分でヘナ染めしちゃうのもひとつ。ヘナはインドではヘアトリートメントとして使われている他、白髪が染まるのでカラー染めをしなくてもOK。ヘナで染まる色は基本は紅茶色の透明セロファンを自分の髪にのせるような感じなので、黒い部分にはそまらずに、白髪の部分のみ紅茶色になります。色はいくつかあって、もし黒っぽい色にしたい場合でも、バリエーションがあるので選べます。

ヘナでもこんなに色が選べます

わたしがピアのヘナをおすすめしたいのはこんな感じでカラーバリエーションがあって、厳しい審査を通った完全100%オーガニックのヘナだからです。他社のものではこんなにカラーバリエーションはないと思います。

ヘナはやればやるほどツヤがでて、髪のコシが強くなります。今からでも遅くない!さらさらな美髪、ツヤを手にいれて色っぽく。

ヘナ染めは思ったより簡単!ヘナにいろいろと混ぜたりしてアレンジをしている人がいますが、私は椿オイルだけ数滴たらして、あとは何も考えずにお湯でヘナのパウダーをマヨネーズ程度の硬さに練って頭に乗せるだけにしています。

ケミカルの髪染めのような丁寧にやる必要はなく、わたしの場合は大胆にシャンプーするように揉み込んで、髪全体にのせて終了。揉み込むことができるのは天然100%のヘナだからできることで、トリートメントとして浸透させるためです。

ヘナを乗せた髪をラップで包みます。この時にわたしはキッチンペーパーを2つ折りにしたもの2本容易しておきます。これは額と髪のエッジにはりつけてラップをすると、間違って顔にヘナが垂れてきたり、染まってしまったりするのを防ぎます。

ラップで巻いた後に、2〜3度ほど電子レンジでチンしたホットタオルを頭のせて温めます。これはやらなくてもいいかもですが、温めると染まりやすいそうです。ホッカイロを頭にのせる人もいるそうです。わたしはホットタオルが終わったら、ラップ巻き→タオル&シャワーキャップをして保温しています。

1時間〜半日程度そのまま過ごし、しっかりと洗い流して完了です。残っていたり濡れたままだとタオルや服などにヘナの色がつきやすいので注意してくださいね。

せっかくのヘナ。偽物に注意!

以前購入していたヘナが製造中止になってしまったのですが、オンラインで購入できる大容量のものがおすすめ。ヘナが酸化してしまわないように小分けになっているので海外に持っていくのにも重宝します。

ヘナ専門オンラインショップ ピアのヘナはソージャット地方で収穫されたオーガニック農法で栽培された無添加リーフを使用しています。世界中で、ここよりも優れたヘナ畑は存在しないと云われているそうです。

ピアヘナはソージャット地方で収穫されたオーガニック農法で栽培された無添加リーフを使用しています。世界中で、ここよりも優れたヘナ畑は存在しないと云われているそうです。

男性にもおすすめのヘアパック!薄毛や髪の弾力の復活へ

ハーバルヘナシルキーは、ハリと弾力をあたえるトリートメントパックです。スカルプケアとしても使用できるので、髪の毛だけではなく、頭皮と髪の汚れ、不要な脂分、フケ・ゴミを毛穴から取り除くことができるパックです(マイクロスコープを使った実証済み)

シャンプーに混ぜて毎日使うこともできるそうなので、お手軽でいいですよね。