海外に滞在していたら、なんだか髪のダメージが気になってきたという方、実は多いみたいです。日本と比べて水の質が違うのでシャワーをするときしんでしまったり、日本よりも強い日差しや大気の汚染、環境の変化のストレスで髪にダメージが与えられしまったりするみたいです。

実は私もそのひとり。美容室でも「なんでこんなにパサついてるの?」って驚かれました。私の場合、砂漠の環境や現在の、一年中&一日中で高温多湿の東南アジアの環境って肌だけではなくてやはり髪にもダメージは大きいみたいです。このままではダメだ!艶髪プロジェクトはじめたいと思います。

海外長期滞在、駐在・駐妻のお悩み。ヘアサロン難民問題

海外でのヘアサロン探し、、、日本人の毛質と外国人の毛質ってすこし違うみたいです。またヘアサロンで使用している薬剤なども日本のものとは違うこともあって、評判のお店に行ってもいまひとつだったり、、なんてことも。

日本人の髪の特性と滞在国の環境も考慮してアドバイスしてくれるようなスタイリストさんが近くにいたらいいのですが、限られてしまうのでヘアサロン難民になりがちです。(現在住んでいる国でも、スタイリストさんが帰国されたり、お店が閉店してしまったりして、駐在員、駐妻の間ではサロン問題は割とよくでる話題です。)

海外でさらにダメージ?髪の悩み(白髪、薄毛、パサつきなど)の原因

海外の強い日差し、水や空気など環境の違い、食生活の変化などが髪が傷んだりする原因になるそうです。わたしは昔からヘアカラーをしているのでいつも傷んでいる印象なのですが、自分のケアでかなり改善することもできるんだとか。さっそく試してみたいと思います。

海外でツヤ髪を取り戻す!改善プロジェクト

1. シャワー前にはブラッシング

髪を洗うとき、ブラッシングせずにシャワーを浴びていませんか?ブラッシングをしておくと、シャワーの水で汚れが落ちやすくなります。

2. シャンプーにこだわるよりも、すすぎ洗いを大切にする

シャンプーをする前、リンスを流すとき、などのすすぎ洗いはしっかりと。ヘアサロンで髪を洗ってもらうときは、このすすぎ洗いはかなりしっかりとしてもらうと思います。同じようにするのは難しいですが、ぬるめの温度のお湯でしっかりとすすぎます。

3. 頭皮のマッサージ

これは最近スタイリストさんに教えてもらったのですが、シャンプー前に頭皮をマッサージするのが有効だとか。頭皮を柔らかくしておけば毛穴の汚れも落ちやすくなります。頭皮が硬いと白髪になりやすいんだとか。マッサージはいつでも簡単にできるので、気づいたときに取り入れたいですね。

4. 必ずドライヤーで乾かす

わたしも昔はドライヤーの熱は髪に悪いんじゃないの?って思っていて、自然乾燥で多少濡れたままでもタオルを引いて寝ちゃったりしていたのですが、一番ダメだそうです。タオルドライの後、ドライヤーで9割ほど乾かしてしまうのが◯。自然乾燥は時間がかかる上に、その間の髪どおしの摩擦が髪を傷める原因です。ドライヤー前に髪をブラッシングするのか、しないのか?をスタイリストさんに聞いてみたら、その方はかるくブラッシングしてから乾かすそうですが、どちらでもよいそうです。

5. 髪の保湿、UVケア

肌と同じように、髪にもUVケアは必要。これはいままでやったことがありませんでした。最近は髪にもスプレーできるUVスプレーがたくさん売られています。海外にいて手にはいりずらければ、紫外線の強い時間には特に、帽子や日傘などを使用したりして顔どうように日焼けに気をつけているだけでも違ってきます。美髪を保つ友人はアベンヌウォーターを髪にも吹きかけているそうです。アベンヌウォーター+洗い流さないトリートメントやオイルのケア方法をわたしもさっそく取り入れてみました。

6. ヘアカラー

ヘアカラーはダメージが強いとわかっていても、おしゃれや白髪染めに必須だったりします。わたしもヘアカラーをしていない時期がないので、結構傷んでしまっています。白髪を染めるためにオススメなのがヘナ染め。天然100%のヘナは白髪だけに染まり、自然の成分でトリートメント効果が高いので、使えば使うほど髪にツヤがでてきます。

実は化学薬品のヘアカラーは膀胱ガンになる危険性があるって知っていました?経皮吸収といって皮膚から吸収されたものが、体内の血中にはいり全身を巡ってしまうんだとか。ヘアカラー剤は劇薬に指定されている成分が入っているので、妊娠中にヘアサロンで髪を染めるのを断られるのはそんな理由もあります。

化学染毛料の危険性について|EC 欧州委員会レポート

分解されずに子宮にもこの毒は届いてしまうんだとか。「特に将来妊娠を希望するなら今すぐケミカルで髪を染めるのをやめたほうがいい」とセラピストの私の友人が言っていたのはこのことだったのですね。

染めるのはそれほど難しくなく、リラックス効果もあるので、自宅でヘナで髪をトリートメント(白髪の方は白髪染め)しちゃうのもおすすめです。次回、わたしのヘナ染めの方法とおすすめを紹介したいと思います。