浴衣チェックポイント

海外に長期滞在していると、 いままでに日本人会の夏祭りがあったり、日本を紹介するイベントなどに参加する機会もあったりします。

もともと和装をされる方は問題ないと思いますが、せっかく日本から浴衣を持ってきても、いざ「よし着よう!」と思ったときに、着付けの方法だけではなくて、一から何が必要なのかから調べたりしなくてはならなかったりして、着る機会もなく帰国してしまった方もいらっしゃるのでは。
実際のところ、以前の私がそうでした。(涙)

最近ご縁があって、浴衣の着付けを習っているところなのですが、浴衣の着付けってそれほど難しい手順ではないことがわかりました。いままでは着たいと思ったときに本やYouTubeを見て、混乱しながらなんとか着付けをしていたので、全然よくわからないまま、最後にはただ難しいという印象だけが残っていたのですが、手順自体は割と簡単に覚えられます。

そう、手順を覚えてしまえば、あとは見た目にすっきりと美しく、着くずれないようにする為に自分ひとりで練習できます。

浴衣はどこに着ていってもOK?

浴衣はもともとは湯上りに羽織るものだったので、浴衣で公衆に出るのは、大げさに例えて言っちゃうと、ローブで出かけちゃうみたいなことになってしまいます。

最近はお洒落着として街歩きでも見られるようになりましたが、もし外国でパーティーに呼ばれた時など浴衣を着ていくのはNG。浴衣じゃなくてもし着物だとしても着物には”格”と呼ばれるものがあって、TPOに合わせて着る必要があります。

少し余談ですが着物や合わせる帯の種類によって、洋服でいうところの『短パンTシャツ』『オフィスカジュアル』『パーティードレス』、、、くらい違います。なので洋服と同じように、シチュエーションに合わせて着用する必要があります。

ちょっといいホテルへランチ

せっかく浴衣を持ってきたのだから、ぜひ普段でも着ちゃいましょう!ちょっといいホテルにランチに行ったりすると、外国の方は珍しくてゲストにも喜ばれるかと思います。食事のときは汚さないように、首元にナプキンをしてもいいと思います。

着物の超初心者さんに贈る、おすすめな一冊

もし着物についてちょっとだけ知りたくなった人におすすめなのが、私に浴衣の着付けを教えてくださっている真里先生が監修している本、『てんてんと歩くキモノみち』です。こちらの本はなんとマンガです。

最初っから専門用語たっぷりの本を読むよりも、こちらの本は、歴史や着物、特に結城紬についてわかりやすく書かれていて、さくっと読めるのに為になる!という、私のような初心者が、肩肘はらずに着物を着られるきっかけになる本だと思います。

浴衣の着付け、チェックポイント

浴衣の着付けが終わったら、最終確認したいチェックポイントを紹介します。

裾の丈は短かすぎない?

浴衣は着物よりは裾は短めに着用します。でもあまり短いとバカボンくんみたいになっちゃうので注意。正しくはくるぶし〜くるぶしが半分隠れるくらいです。ひとりで浴衣を着ると、丈を見るときにかがむので、まっすぐ立つと短くなってしまうことがあります。丈を見るときは鏡を使うか、短くなる分を計算に入れておきます。

背中心がズレていないか

背中の中心線が体からずれてしまうとみっともないので、最初の腰紐を結ぶ前に必ず確認します。後ろ手に背中に両指の中指があったところがセンターです。そこから横にシワをのばすように指をすべらせます。腰紐より上はセンターが中心にくる必要がありますが、腰紐より下はずれていてもOKです。(浴衣と体の幅によってサイズが違うので足を巻き込むときにずれることがあります。)

腰紐を結んだ後、腰紐を結んだ後、どちらも背中が綺麗になっているかを確認する癖をつけるといいようです。

衿まわり

首の後ろの衿はこぶし1つ分程度抜くようにします。コーリンベルト(衿がはだけてしまわないようにするベルト)をつけるとひっぱられて、最初に抜いたはずなのに最終的にぜんぜん抜けていない、ということがあります。コーリンベルトをつける方はあまりきつくしすぎないのがコツかもしれません。

おはしょりの長さ

おはしょりは帯の下にでる部分です。昔、おばあちゃん世代は、たくさんおはしょりが出てるほうが、たっぷりの着物でお金持ちとみられる、ということがあったようですが、最近は短めにします。帯締めをする前にもちあげて綺麗に折りたたんで、帯締めでしめます。綺麗にたたむと気持ちよく過ごせるので、ここは慣れるまで練習が必要な箇所ですね。

左前になっている?

自分で着るときは問題なくても、もし人に着せてあげる、、なんていうシチュエーションもあるかもしれません。自分または相手の左手が上前(上にかぶさる)ようになっているか、最後これだけは確認しましょう。