新年明けましておめでとうございます!毎年一年の初めにやるルーティンをお持ちの方もいらっしゃるのではないかなと思うのですが、わたしはマイレージやクレジットカードの有効期限などをチェックするようにしています。もし海外赴任の前はバタバタしていて見落としていたら、ぜひ運転免許の有効期限をチェックするのをおすすめします。

出国前に更新(期間前更新)

海外赴任や留学など長期に海外に滞在予定で、その間に運転免許が失効してしまうのがわかる時には、更新期間ではなくても出国前に免許を更新できます。通常の免許更新と同様に免許証、パスポートと出張や留学の証明になるものを持参します。免許の有効期限が通常のものより1年短くなってしまいますが、帰国後に失効してしまってから証明して再交付してもらうよりも楽だし、なによりも帰国の時に失効していると日本ですぐに運転ができないので事前に更新してしまうほうがいいですよね。

一時帰国中に更新

もし更新月(更新の年の誕生日の前後1ヶ月)に一時帰国できる場合には、期間前更新のような有効期限が1年短縮されることなく、更新することができます。海外転出届けを出していても、一時滞在先を住所地として免許証の更新を行うことができます。

一時滞在先が免許証上の住所地と同一であるときは、特別の手続は不要ですが、一時滞在先と免許証上の住所地が異なっているときは、一時滞在先への住所変更手続を行う必要があることから、滞在先である実家等が住所であることを証明する書類(本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類(実家の世帯主等が作成したものなど。))が必要となります。
引用:警視庁HPより

もし失効してしまったら?

A. 失効後の6ヶ月以内

失効後の6ヶ月以内であり、帰国後一ヶ月以内であれば、手続きをすれば再試験を受けることなく手続きができます。ただし免許を更新できなかったことを証明する必要書類が変わってくるので警視庁のHPで確認してください。またここで再交付された免許証は優良ドライバーであればそのまま優良、、というようにステータスも引き継がれます。

B. 失効後6ヶ月以降、3年以内

海外赴任などの場合には、上記の半年の失効後の特例では収まらないこともあります。その場合にはAと同じように書類を提出すると再試験なしに手続きができます。こちらの場合にも提出に必要な書類があります。またこちらの特例でもステータスが引き継がれます。

こんな場合には、失効してしまうので注意!!!

Bの場合など、もし手続きより前に、一時帰国をしていて失効による手続を行わなかった場合は、最初の一時帰国のときが手続きの必須タイミングとみなされるので、失効が認められない場合があります。その時は再試験(実技・筆記)を行い最初から免許を取り直すことになるので注意してください。