マルラオイル Marula Oil

アフリカのナミビア共和国は、世界最古の砂漠があるほどの乾燥した国です。でもナミビア人はとても肌がきれいな方が多いのです。「世界一美しい民族」と称されるヒンバ族もナミビアの先住民族のひとつです。その秘密は…?

アルガンオイルを超える抗酸化力を持つ、奇跡の「マルラオイル」。

湿度はなんと片手以下の砂漠気候。こんな過酷な土地で育つ、奇跡の植物たちから抽出されたエッセンシャルオイル!このマルラの実には、エイジングケアとしてよく使われているアルガンオイルも超える、高い抗酸化力や保湿力やビタミンなど、美肌を作りあげるうれしい成分がたくさん含まれているんだそうです。

「マルラオイル」に含まれる美肌成分の例

マルラオイル Marula Oil
わたしが使っているマルラオイル Marula Oil
先ほども申し上げたのですが、「マルラオイル」はいろいろなエッセンシャルオイルの中でも、高い抗酸化特性があると言われています。

オメガ6、オメガ9、ビタミンC、ビタミンE、リノレン酸、オレイン酸などが含まれていて肌の再生化を促し、さらに保湿力を高めてキメを細かにすると言われています。

具体的には、乾燥肌、ほうれい線や目元、口元のしわやしみの改善に効果があるそうです。一年のほとんどが湿度10パーセント未満かその程度というわたしの家の環境で、救世主になってくれているのがこのオイルです。

オイルの正しい使用方法と保存方法。

洗顔後の清潔な肌に、最初のスキンケアとして使用します。
キャリアオイルにもなるので、手にたっぷり(シャンプーのポンプで1回から2回分くらいの量)をとり、お好きな自分の肌のトラブルを改善する効果のあるアロマオイル(ラベンダーやローズゼラニウムはわたしのお気に入り)を1滴たらし、全身を包み込むように塗っていきます。

最後に両手で顔全体をつつみこんで温めるとさらに浸透力がUPしますよ。アロマオイル(マルラオイルではない)はかなり濃いので、はじめての方は半滴〜1滴程度から試すのをおすすめします。

マルラオイル Marula Oil
Beauty photograph designed by Pressfoto – Freepik.com

オイルは天然なものは保存料なども含まれていないので、酸化や劣化していきます。酸化を防ぐには直射日光や高温、多湿の環境からオイルを遠ざけるように保存します。浴室や洗面所に置くのはNG。冷蔵庫も温度差が高くなるので避けます。

そして酸化や劣化したオイルは、逆に肌にダメージを与えてしまうので、ご使用の場合には必ず消費期限を確認しましょうね。

使用感など

今わたしが愛用しているのは、100%オーガニックのコールドプレスされた、ナミビア産の「マルラオイル」です。特に、これといった香りもなく、無色透明。重すぎない使用感で、サラサラとこっくりの中間のテクスチャです。オイルなのでとても伸びがよく、ゆっくり浸透していくイメージです。

肌だけではなくて、ヘアケアやネイルケアにもOK。

髪のパサつきや頭皮の乾燥対策、ネイルケアなどにも使用できます。数的を手のひらにとり、両手であたためてから気になる箇所をマッサージします。

日本で買うには?

ナミビアではスーパーマーケットなどで買うことができるのですが、輸出コストの関係で日本では見かけたことはないのですが、ネット通販で購入することができます。最近は少し種類もでてきたみたいです。

マルラオイル Marula Oil