沖縄県波照間島 観光

Index

5Things to See & Do in 波照間島

日本でいちばん星空に近い島。 日本最南端の波照間島へ。
極上ビーチをもとめて1DAYトリップ。

日本最南端ビーチ!極上ビーチをもとめてデイトリップ in 波照間島の記事につづき、今日は波照間島の見どころや遊びを紹介したいと思います。

ニシ浜でシュノーケル

沖縄県波照間島  ニシ浜

北浜と書いてニシ浜と読むビーチ。このビーチは客船ターミナルから徒歩数分の距離にあります。ここは八重山諸島でも指折りの透明度を誇るビーチです。50メートルくらい(潮の満ち引きにより変わりますが)先も遠浅で、大人の腰丈くらいの水深です。晴れの日にはミントブルーの透明な海が。曇っていても、水の中で足先が見えるほどクリア!
ビーチはさらさらの白い砂が続きます。

ビーチリゾートのようなパラソルやチェアーベッドなどもありません。

商業感のない感じもいいですよね!個人的には、南の果てで、便利じゃなくても全然いいよーって、思います。
とはいえ、ビーチの脇に駐車場があって、そこには無料のシャワーやトイレがあるので、砂を落とすこともできるので、やっぱり便利です。笑

ビーチには日陰がないので、日焼け対策はバッチリと。そして、カラスが荷物を狙っていることがあるので、特にビニール袋は漁られないように隠しておきましょう。

最南端の碑。日本の最南端でポーズ!

せっかく最南端の島に来たのだから、その中でも最南端を目指したい、というのが人の心理。島の南東部にある「高那崎」には「日本最南端の碑」「日本最南端平和の碑」「波照間の碑」が建てられています。同じ場所に3つも石碑がたてられてるのも面白いですよね。日本最南端の碑」は、東経123度47分12秒、北緯24度02分24 秒の地点です。目の前に広がる「ハテルマブルー」と呼ばれる青い海を見ながら大きく深呼吸。

そう、この瞬間、おそらく日本最南端の地に立っているのは私!

日本最南端の碑

日本最南端平和の碑
日本最南端平和の碑のすぐ近くに『日本最南端平和の碑』があります。こっちのほうがなんかすごい。

高那崎でサスペンンスドラマごっこ。

沖縄県波照間島

ここにきたら日本人なら誰もが頭に浮かぶ光景・・・そうサスペンスドラマ!思い切ってここでサスペンスドアマごっこしちゃてtください。

そんな切り立った断崖と、そして真っ青に広がる美しい海・・・。完璧な自白ロケーションです。笑
琉球石灰岩が長い年月をかけて侵食できた岬で、約1キロほどの岸壁が続きます。ここには遊歩道などはなく、硬く鋭いエッジの岩を歩くことになるので、ドラマごっこする時はくれぐれも怪我しないように注意してくださいね。

4メートルの絶景(?)で遊びを考える

琉球石灰岩を積み上げてつくられている高台。琉球王朝時代に造られたもので、実は歴史的建造物でもあります。なんのためにあるのかというと火事を見つけたり、海上の船を監視するためにつくられた高台なんだそう。4メートルの高さだし、それほど絶景が見えるわけではないけれど、少し高いところにあがっただけで、ちょっと楽しい気持ちになります。

波照間島星空観測タワー

日本最南端の天体観測用のタワーがあります。集落からは離れた島の南東部にあって、観測を遮るような街灯などの明かりなどもなく、天体観測にうってつけの環境です。現在は国際ダークスカイ協会が定める国内初の星空保護区に認定されるように申請をしています。天体観測ドームにある200mmの屈折式天体望遠鏡を使って、星や月を観測したりすることができたり、屋上では星空ガイドがあります。新月を狙ってくるとより一層星が見えるのでおすすめです。昼間はプラネタリウムなどは営業していませんが、屋上からの景色を一望することができます。(有料)

リンク:波照間町星空観測タワーHP

こちらの記事もよかったら参考にしてみてくださいね。

【沖縄県波照間島】日本最南端の島の海のいろ。ハテルマブルー