ドイツ デュッセルドルフ観光

ドイツのドュッセルドルフに住んでいる先輩を訪ねてきました。ドイツへはスペインからの旅行の道中に立ち寄ったのですが、同じヨーロッパでもスペインとは雰囲気がガラッとかわります。

前知識ゼロで旅して感じた、ドイツってこんな国だった!のまとめ。

ドュッセルドルフについて

まずはデュッセルドルフについて

Wikipediaから

ファッション業界やアートシーンで知られるドイツ西部の都市です。ライン川によって、東岸のアルトシュタット(旧市街)と西岸の近代的な商業地区に分かれています。

場所はどこ?

デュッセルドルフはドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州の州都で、人口が約60万人の大都市です。ドイツの西側に位置します。

ドイツ デュッセルドルフ観光

ドイツ人、とにかくお酒好きなんだね

日本でも『オクトーバーフェスト』というドイツ発祥のビール祭り(新しいビールの醸造シーズンの幕開けを祝う祭り)が行われるようになったりして、ドイツビールも日本でも飲めるようになりましたね。本場は・・・?

ライン川に沿ってお散歩していて驚いたのは、昼でもビールやワインを飲んでる人がいっぱい。でっかいビアマグで飲むのがドイツ流!

ドイツ デュッセルドルフ観光

ドイツ デュッセルドルフ観光

ビール以外にもホットワインを入れて飲んだり、日本でもBBQやお花見などアウトドアでもいいですね。日本でもAmazonなどで購入できます。

こんなクリスマスバージョンのマグを発見しました。
Amazonでチェック

ご当地食前酒がいっぱい

2.日本人が多い、日本のサブカル浸透中!

Dokomi FBより
画像引用:Dokomi FBページより

Docomi公式サイト

ドイツの中でもデュッセルドルフは日本人の多い街で、日本の居酒屋やラーメン屋さんもあります。日系スーパーは日本食の品揃えがヨーロッパ1と言われるほど。近隣ヨーロッパ諸国の駐在員さんが日本食材の調達にやってくる街でもあります。

そしてドイツは日本のアニメや漫画が大流行中。日本最大のアニメの祭典コミケと同じように、ドイツにもファンが仮装したりしてお祭り騒ぎになるアニメコンベンション「Dokomi(ドコミ)」があります。毎年拡大していて、来場者も3万人を超える人気ぶり。インターナショナルに、海外のファンと一緒に盛り上がりたい人はドュッセルドルフへ。そして夜の部には、コスプレ舞踏会と題してDJパーティーも開かれて多盛り上がりするそうです。

ドイツ デュッセルドルフ観光

3.英語があまり通じない

ドイツ デュッセルドルフ観光

ドュッセルドルフはすごく面白い街です。ストリートの標識などは、海外ではその国の現地語の他に英語表記が書かれていることが多いのですが、英語より日本語のほうが多くて不思議な気持ちになりました。(基本はドイツ語で書かれています)

4.建物が古い

ドイツ デュッセルドルフ観光

ドイツの街並みは、重厚感のあるヨーロッパ建築のビル・・
街全体が重厚なイメージ。ヨーロッパ独特の空気感があります。

地震がないので建物は古く、でもそれがまたかっこいい。

5.速度無制限!アウトバーンすごい

ドイツにはアウトバーンと呼ばれる、速度無制限の高速道路があります。この旅では先輩の運転でアウトバーンを体験したのですが強烈!!同乗車もアドレナリンでちゃう感じです。メーターみたら180キロから200キロくらいのスピードで、車のメーターって飾りじゃなくて、本当にこんなスピードがでるんですね。

ドイツ デュッセルドルフ観光

もし運転することがあったら、車線侵入のお礼のハザードは出しちゃだめですよ!他にもルールがあるみたいなので、ドライブする前に、レンタカー会社で確認してくださいね。