プノンペン穴場ガイド

プノンペン在住者がピックアップした、穴場な地元観光スポットをまとめてみました。暮らすように遊んでみませんか?まずは前編です。

メコン川のサンセット、ナイトクルーズ

わたしが最近一番おすすめなアクティビティーが、メコン川のクルーズ。お気に入りはサンセットクルーズで、夕日が沈む前と夜になる両方の景色が見れていい感じです。1時間なんと数十ドルでボーとをまるっと貸し切りしちゃえるプランや、ビール放題、ディナー付き、ホテルまで送迎プラン、、、など各社いろんなサービスがあります。

わたしのおすすめはヒマワリホテルから17時に出航する、カニカボートです。予約いらずなので、思い立ったら乗れるのが嬉しいですね。

ルーフトップバー(屋上BAR)

ここ数年、特におしゃれなルーフトップバーが続々オープンしています。プノンペンで一番人気はRosewood Hotelの屋上にあるSORA。紹介しきれないのでいくつかわたしの好きなBARをいくつか紹介しておきますね。

Sora

プノンペンの夜景をおしゃれに堪能したい人におすすめ。ドレスコードがあるので、特に男性は気をつけて。男性のサンダル不可。女性はワンピース程度でOKです。大人向け。

Juniper Gin Bar

ジンを押しているルーフトップバーです。リバーサイド側の夜景が見れるので電飾のクルーズ船などがみれて、ロマンチックです。欧米人多め、大人向け。

VEHAA | Restaurant & Bar

夜景はそれほどみえないのですが、バーの雰囲気がいいです。特にカンボジア人の若者に人気で、よくバースデーパーティーなどが開かれています。大人向け。

Tapas 240

最近できたルーフトップバー。テーブル席の他に、ウッドデッキでクッションでくつろげる席もあるのがめずらしいです。欧米人多め、ファミリーでもOK。

プノンペンサファリ(動物園)

え?プノンペンで動物園?ですよね。日本とは違う、一風変わったプノンペン動物園はちいさいお子様のいるファミリーにもおすすめな動物園。

ショーがメインで大体30分ごとにあって、その合間に他の動物を見る、、というようなイメージ。トラやワニ、オウム、オラウータン、、、などのショウが見れます。詳しくはプノンペンサファリHPでチェック。大人は10ドル(90cm以下の子供は無料)

実はわたしも行ったことがないのですが、友人たちがファミリーでプノンペンサファリに行っていて、特にファミリーにおすすめな場所だそうです。年中無休で半日くらいでまわれるのでちょうどよいアクティビティーですね。

シルクアイランド観光

カンボジアはシルクが有名なんですが、伝統的にシルクを織っているようすが観れる村があります。この村は名前のとおり、プノンペンから川を渡った島にあります。(最初にピックアップした、メコン川のボートでもシルクアイランドの観光プランがあります。)

シルクアイランドの見所は、シルクがどんな風に糸にして織られるのか?がみれる公園や、少し散歩しながら(トゥクトゥクで入島して、そのままドライブがおすすめ)、プノンペンのごみごみした雑多な風景とはまったく違う、のんびりした景色です。

カンボジア衣装で記念写真

こちらもおすすめ!カンボジアの伝統衣装を来て、ヘア&メイクをして、家族や友達と記念撮影。カンボジアのメイクはとても濃いのですが、やってもらうと、人によってはまるで別人に変身できて、違う一面も発見できるかも。

在住者に人気のフォトスタジオは、プリントしてもらうまでに1週間以上かかってしまうのと、英語が通じなくて、クメール語になってしまうのでおすすめできないのですが、わたしがよくツアーで利用する、ベルトラさんで、カンボジア伝統衣装orアプサラ衣装 スタジオフォトというツアーがあります。事前に予約できて送迎してくれるのでいいですね。

次回は、後半の5つのスポットを紹介します!