プレアビヒア

カンボジアにある3つの世界遺産のひとつ、プレアビヒア寺院の遺跡へ。

果てしなくアジアの大地が広がるパノラマ!遺跡自体はアンコールワットのように大きくはないけれど、雰囲気があって、写真で撮るととても絵になります。最奥地の崖の上からの景色は絶景!どこまでも続くひろいアジアの大地。

ずっと見ていたいくらい気持ち良かったです。

プレアビヒア遺跡とは?

タイとの国境にある、ダンレック山という、山の頂上につくらたヒンドゥー教の寺院。数年前まで領土を争って、割と最近までタイの軍隊と武力衝突が起きていた場所だったので、世界遺産に登録はされていたけれど、観光客が訪れることができなかったみたいです。実際に遺跡の中では、銃をもった軍の人が警備してました。

シェムリアップやプノンペンなど大きな街から、かなりアクセスはしずらいけれど、逆に秘境感があって、まだまだ観光客も少ないので、もし時間に余裕があるなら行って損はないと思います。


「聖なる寺院」を意味するプレアヴィヒア寺院。9~12世紀にクメール人により建築されたヒンドゥー寺院であり、2008年、カンボジアの世界遺産として登録された。 しかし、世界遺産登録に対し当時のタイ政府が独断で支持したことへのタイ国民の不満や、国境が曖昧であったことなどから話は一転し、タイ側も自国の領土だと主張。国境付近では武力衝突が続き、死傷者と大勢の避難民を出す事態となっていた。

引用元:krorma.com

(世界遺産)プレアビヒア遺跡までのアクセス

シェムリアップ(アンコールワットがある街)からツアーで行くのが、確実で一般的。ツアーの場合は、シェムリアップ市内のホテルでピックアップしてくれて、ランチ込みの1日ツアーになるようです。

プノンペン発の個人プランだったので利用しませんでしたが、いつもアンコールワット観光の時に利用しているオプショナルツアー専門予約サイトVELTRAでも、プレアビヒア遺跡へのオプショナルツアーがありました。

【貸切/混載】断崖上の世界遺産!プレアヴィヒア寺院+ベンメリア+コーケー観光ツアー☆嬉しい4WD代金込!<昼食・夕食>このプランだとシェムリアップからの途中にある有名なベンメリヤとコーケー遺跡も観光できるので、シェムリアップ発だったら、少数での観光ならばガイド料も込みだし、結局のところコスパがいいと思います。

他に駐在員やバックパッカーは、車とドライバーを1日チャーターして、シェムリアップからプレアビヒアに行くという方も多いみたいです。

プノンペンから個人で行く方法

今回わたしは、首都のプノンペンから、ローカルの長距離バスを利用して、プレアビヒア遺跡に近い街「スラアム」に滞在する2泊3日の旅をしてきました。おすすめはしないけれど、プノンペンから長距離バスを使って行く方法は、長くなるので4 Travelという旅行サイトに書いています。

【4Travel】【おすすめしない】プノンペンからプレアビヒアへの行き方。ローカルバスで行ったらハプニングがありすぎた

プノンペンから行く場合には、1泊か2泊どこかに宿泊する必要があります。もし個人で車をチャーターして行くなら、コンポントムあたりがレストランなどもあっていいかも。

プレアビヒア観光Tips(チケット、遺跡の広さ、服装、シーズンや時間の目安など)

《チケットセンターから頂上まで》

チケットセンターと駐車場

駐車場の一角にチケットセンターの建物があるので、入場チケットと車(バイク)チャーターの料金を支払います。この駐車場から先は、専用車以外は頂上までの乗り入れ不可になっています。自力でハイクして歩くこともできますが、かなりの急坂で距離があるので、専用車をチャーターしたほうがベスト。

専用車。トラックの荷台にベンチがあります
山の上の駐車場

車で5分〜10分程度、坂道を登っていくと、小さな寺院とその少し先に駐車場があります。もうここからはゆっくり歩いて5分くらいで遺跡の入口に到着。

プレアビヒア寺院と山頂

まっすぐ頂上に向かって4つの階層に分かれた寺院があります。ゆっくり歩いて写真をとったりしながら観光して、だいたい2時間くらいでした。

途中に少し急な階段がありますが、ちいさい子供でも歩いていました。でもベビーカーだと結構大変だと思います。

《服装、持ち物》

遺跡の中はあまり日陰がないので、暑さ&日焼け対策わすれずに!
山頂は涼しいかな?って思ってたけれどかなり暑かったです。

《観光におすすめのシーズン、時間》

カンボジアの乾季は暑いけれど、雨がほとんど降ることはないのでおすすめ。乾季は11月くらい〜4月中旬です。

時間帯はツアーなどだと昼過ぎ〜午後に到着になると思いますが、アンコールワットに比べてアクセスが悪いので、まず混み合うことはほとんどないので心配ないと思います。

まとめ

晴れていると、周辺に高い山などがないので、地平線までずーっと見渡せます。寺院もよかったけれど、最奥地の崖から見る景色はすごかったです!ぜひ。